• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

NGOが軍事費の再考を促す

Guest content
2021年4月26日

英国の運動団体は、パンデミックと気候緊急事態を考慮して、政府に軍事費支出の決定を再考するよう求めています。

世界的に有名なストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が本日発表した数字によると、2020年の世界軍事費は2.6%増加して19810億ドルとなり、英国の軍事費は2.9%増加しました。国際戦略研究所による最近の他の分析では、2021年の英国の軍事費はロシアを上回ると予測されています。

この呼びかけは、政府の「競争時代におけるグローバル・ブリテン:安全保障、防衛、開発および外交政策の総合レビュー」(3月16日)と、関連する防衛指令文書「競争時代における防衛」(3月22日)の公表を受けてのものです。

GCOMS-UKは、英国の統合レビューの主要な結論の多く、特に核兵器能力の増強と軍隊への資金提供の増額が英国国民の安全を高めるという結論を否定しています。政府自身は気候変動が「最優先の国際的課題」であると述べていますが、これは最近の支出決定には反映されていません。

活動家らは、既存の予算水準に上乗せして240億ポンドに達する軍事費の大幅な増加(昨年11月に発表)に反対しています。これは、2021年から2025年の4年間で年間平均60億ポンドの増加に相当し、過去70年間で最大の増加率となります。

2020年から2021年にかけての軍​​事予算は412億ポンドでしたが、英国がNATOに報告した額はさらに高額です。政府は対外援助予算を大幅に削減し、看護師の給与を1%というばかげた値上げを提案している一方で、こうした事態が起きています。

「グリーン産業革命のための10項目計画」の予算は120億ポンドですが、今後4年間の支出に充てられるのは最大で110億ポンドにすぎません。年間平均わずか28億ポンドで、これは追加軍事予算の半分以下であり、気候変動委員会が勧告した額よりはるかに少額です。

これらは完全に誤った優先順位だ」と、GCOMS-UKコーディネーターのマット・フォーセット氏は述べました。

パンデミックと気候危機は、投資すべき分野はハイテク軍事機器ではないことを劇的に示した。挑発的なジェスチャーにふけるのではなく、英国は健康、環境、共通の安全保障に関する国際協力の強化に取り組むべきだ。さもなければ、すべての側が軍事スパイラルを上り続け、壊滅的な対立の重大なリスクを負うことになる。ウクライナと台湾をめぐる最近の出来事は、このような軍事主導の戦略の危険性を裏付けている

Scientists for Global Responsibility(地球的責任のための科学者)の事務局長、スチュアート・パーキンソン博士は次のように付け加えました:「ボリス・ジョンソン首相は英国を『科学技術大国』にしたいと言っているが、これを達成するための主な計画は、軍事衝突におけるロボット、人工知能、レーザーの使用を大幅に拡大することだ。核兵器の拡大と相まって、これは極めて危険な道だ。しかし、COVID-19パンデミックと気候危機は、科学と工学の取り組みが本当に必要なのはどこなのかを示している。英国と世界が直面している重大な健康、社会、環境問題に取り組むためにだ

英国の団体によるこの呼びかけは、英国のNGOが積極的に参加している軍事費に関するグローバル行動デーの一環です。計画されているその他の行動には、戦争の脅威に関する会議、スコットランド選挙の平和集会、メンウィズヒル(ヨークシャー)の米国スパイ基地前での抗議活動などがあります。


Further information: demilitarize.org.uk

Image credit: The Global Campaign on Military spending