• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

わずか2週間分の食品業界の億万長者の利益が、東アフリカの飢餓撲滅の取り組みに資金を提供できる

Guest content
2022年7月19日

エチオピア、ケニア、ソマリアだけでも48秒ごとに1人が死亡している一方、オックスファムは、食品業界の億万長者たちが2020年以降、総資産を3,820億ドル増やしたと報告しています。Common Dreamsのジェイク・ジョンソン記者による。


貧困と不正を根絶するための支援活動団体オックスファム・インターナショナルは月曜日、世界の食品業界の億万長者たちが最近獲得したわずか2週間分の利益で、東アフリカの飢餓と闘う国連の数十億ドル規模の取り組みに十分な資金を供給できると推定しました。

東アフリカでは、高騰する商品価格が食料不安を深刻化させ、貧困を新たな極限にまで押し上げています。「数千万人が深刻な飢餓危機に陥っている東アフリカ諸国の食料インフレは急激に増加し、エチオピアでは驚異的な44%に達している。これは世界平均のほぼ5倍だ」とオックスファムは、世界的な飢餓緊急事態が悪化する中で発表された新しい分析で述べました。

「エチオピア、ケニア、ソマリアだけでも48秒に1人が死亡していると推定されている。これらの国では、数十年で最悪の干ばつがウクライナ戦争によって悪化し、食料価格が急騰している」と同団体は述べました。「こうした背景の元、食料業界の億万長者たちは2020年以降、総資産を3億8200万ドル増やした」

同団体の計算によると、「彼らの資産増加の2週間分にも満たない額でも、東アフリカに対する国連の62億ドルの人道支援要請の全額を賄うには十分すぎる額だ。現在、要請に充てられている資金はわずか16%と、悲惨な状況だ」

5月下旬、オックスファムは「食料システムの多くを支配している企業や億万長者の一族は、世界中で価格が高騰し飢餓が蔓延する中、利益を急増させている」ことを示す報告書を発表しました。この危機は、輸入に大きく依存している東アフリカ地域に特に大きな打撃を与えています。

「過去2年間で62人の食品業界の億万長者が誕生した」とオックスファムは指摘し、世界的な食品企業カーギル(農産物の世界市場の70%以上を共同で支配する数少ない企業の1つ)を顕著な例として挙げました。

カーギルは「世界で11番目に裕福な一族が87%を所有している」とオックスファムは指摘しました。「フォーブスの億万長者リストに掲載されている一族のメンバーの合計資産は429億ドルで、2020年以降144億ドル(65%)増加しており、パンデミック中は1日あたり約2000万ドル増加しています。これは、特に穀物の食品価格の上昇によるものです。カーギル一族のさらに4人が最近、世界で最も裕福な500人のリストに加わりました」

オックスファムの食料政策責任者ハンナ・サーリネン氏は月曜日、「世界の食料供給チェーンの頂点に莫大な富が集中している一方で、食料価格の高騰が拡大する大惨事につながり、何百万人もの人々が自分や家族を養うことができなくなる」と述べました。

「世界の指導者たちは夢遊病のように人道的災害に陥っている」とサーリネン氏は警告しました。「この根本的に崩壊した世界食料システム、搾取的で、不十分な規制で、大部分が大手農業企業の手に握られているシステムは、人々と地球にとって持続不可能になりつつあり、東アフリカと世界中で何百万人もの人々を飢餓に追いやっている」

オックスファムは、東アフリカ諸国が災害を回避するために、急増する債務負担を帳消しにしたり、富裕層に課税して人道的救援活動に十分な資金を供給したりするなど、富裕国が講じることができる措置は数多くあると主張しました。

「飢餓を本当に終わらせるには、誰にとっても役立つ新しい世界食料システムを再考する必要がある」とサーリネン氏は述べました。「政府は人々の苦しみを防ぐために十分な資源を動員できるし、そうしなければならない。1つの良い選択肢は、過去2年間に記録的な水準まで富が急増した超富裕層に課税することだ」


その他のリソース:

Two-weeks increase in food billionaires’ wealth enough to fully fund East Africa hunger crisis response – Oxfam

Original source: Common Dreams