• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

アメリカが軍事費として7160億ドルを捻出できれば、グリーン・ニューディールにも資金を投入できるはず

Guest content
2019年3月8日

ついに、世界で最も豊かな国で、社会で最も脆弱な人々を助ける提案が活発に議論されています。そして、それに対する反応は?反対派の声が高まっています。

単なる夢物語」。ワシントンポスト紙のコラムニスト、ロバート・サミュエルソンは、雇用保障、メディケア・フォー・オール、ユニバーサル・チャイルドケア、グリーン・ニューディールの提案をそう呼びました。他の多くの評論家や政治家と同様に、サミュエルソンは、そのような贅沢はできないと述べています。富裕層に課税しても十分な資金は集まりません。赤字支出に頼るしかないのです。

富裕層への減税で財政赤字を膨らませることに何の抵抗も感じない政治家がいるにも関わらず、国民や地域社会の長期的な健康に投資することにはためらいがあるのはおかしなことです。同様に奇妙なのは、戦争ではなく社会福祉のために資金を解放する選択肢として軍事費削減がほとんど言及されていないという事実です。

今年の米国の軍事予算は7160億ドルで、まさに削減の時を迎えています。この軍事予算は連邦予算における裁量的支出の1ドルにつき約53セントを占めており、貧困を終わらせるための革新的な方法に資金を提供することを考えたとき、人々がしばしば手を上げて首を横に振る最大の理由の1つです。

しかし、彼らは手をあげる必要はないのです。政治家や評論家は子供たちの声に耳を傾け始めるべきです。サンライズ運動の若い活動家たちが最近、ダイアン・ファインスタイン上院議員にグリーン・ニューディールを支持するよう要求したとき、彼女は彼らに「それを支払うお金はない」と言いました。彼女はおそらく、8歳、10歳、11歳の子供たちが即座に「もちろん、ありますよ。軍事にはたくさんのお金が使われているじゃないですか」と答えるとは予想していなかったでしょう。

ファインスタインは、軍はそのお金で「重要なこと」をしていると見下した態度で答えました。私たちの終わりのない戦争はそうではないことを示しています。昨年のアフガニスタン戦争では、国連が記録を取り始めて以来、最多の民間人が死亡しました。3,800人以上で、うち930人は子どもです。そのうち約4分の1は、米国とNATO軍、およびその同盟国アフガニスタン政府によって殺害されました。そのほとんどは、米国とNATOの空爆とドローン攻撃によるものです。さらに数千人が負傷しました。

このような大混乱を引き起こすと、高くつきます。昨年だけでも、17年目を迎えたアフガニスタン戦争には約450億ドルの費用がかかりました。そして、それは戦争をするための直接的な費用だけで、負傷した米兵のケア費用や、アフガニスタンの犠牲者の費用は含まれていません。現在アフガニスタンを占領している兵士に代わる兵士の訓練費用や、国防総省の基地予算に費やされた莫大な金額は含まれていません。

最も重要なのは、アフガニスタンでの戦争で私たちがより安全になっているわけではなく、アフガニスタンの人々の生活も良くなっていないことです。(悲惨なことに、戦争が始まったとき、アフガニスタンの乳児は世界のどこの子供よりも4番目に高い乳児死亡率に直面していました。今日、米国との戦争が始まってほぼ18年が経ち、アフガニスタンは第1位です。)

では、アフガニスタン、イラク、その他の戦争から帰還した兵士たちはどうでしょうか?彼らはまだ必要なケアを受けられていません。彼らはいまだに退役軍人局の診療所や病院へのアクセスを得るのに苦労しており、擁護者が「国家的緊急事態」とみなす割合で自殺しています。ガーディアン紙が報じたところによると、退役軍人省によると、イラクとアフガニスタンで従軍したことが多い18~34歳の退役軍人は、「他のどの年齢層よりも自殺率が高い」とのことです。


これらの戦争による人的被害は驚異的です。そして経済的損失は息をのむほどです。ブラウン大学でプロジェクト「戦争のコスト(Cost of Wars Project)」の共同責任者を務めるネタ・クロフォード氏は、2017年に、イラク、アフガニスタン、パキスタンだけで2001年以来の戦争費総額が5兆ドルに迫っていると推定しました。クロフォード氏の計算によると、アフガニスタンで2兆ドル、イラクなどでさらに3兆ドルなど、数兆ドルの話になるとき、国民と国を本当に安全に保つための資金が十分にあることを意味します。

National Priorities Project at the Institute for Policy Studies(政策研究所の国家優先プロジェクト)は、アフガニスタンでの無益で残酷な戦争に費やした2兆ドルのわずか4分の1で、代わりに10万3000人以上の小学校教師、11万2000人のクリーンエネルギーの仕事、93万5000人のヘッドスタート枠、80万6000人の退役軍人と230万人以上の成人の医療に資金を提供し、約580万軒の住宅を太陽光発電用に改修できると計算しています。

実際、これらすべてを10年間毎年行うことができます。これらすべてと比較すると、戦争に何兆ドルも支払うことは投資ではなく、単なる損失です。その損失は、もし逆転すれば、グリーン・ニューディール、メディケア・フォー・オール、その他すべてが完全に現実的になる規模の損失です。

どちらが私たちをより安全にするのでしょうか?


ウィリアム・J・バーバー2世は、Repairers of the Breachの会長であり、Poor People’s Campaign(貧者の行進)の共同議長です。フィリス・ベニスは政策研究所の研究員である。

    Original source: The Guardian

    Image credit: Flickr User Peg Hunter, KALW