• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

イスラエルのガザ攻撃、現代における最も深刻な道徳的危機

Guest content
2024年2月15日

ガザ危機は、国際法と人道的価値観を擁護するべき国々が自らの義務に公然と背いていることを示しています。彼らの道徳的破綻は火を見るより明らかだとブィックフー・ボディはCommon Dreamsに書いています。


私は、ガザ住民に対するイスラエルの軍事攻撃に深く心を痛めている、ユダヤ系アメリカ人の上級僧侶としてこのエッセイを書いています。私はこの軍事攻撃がおそらく現代において最も深刻な道徳的危機であると考えます。猛烈な砲撃、増え続ける死者数、重要な必需品の供給の致命的な遮断、罪のない人々の命の破壊、これらすべての出来事は、真っ赤に焼けた鉄のように道徳意識を焼き付け、魂の奥底から大声で叫びます。「お願いだから、止めてくれ!」実際、国際司法裁判所は、独自の控えめな口調でそのような叫びを上げましたが、聞き入れられなかったようです。

イラク、シリア、ティグレ、ミャンマー、ウクライナで、わずか20年間に繰り広げられた完全な非人道的行為の多くの事例を考えると、なぜガザを現代の主要な道徳的惨事として強調する必要があるのでしょうか?そうである理由を5つ挙げていきます。

1つ目は、攻撃の激しさです。国連世界食糧計画のチーフエコノミストであるアリフ・フセイン氏は、次のような発言でこれを証言しています:「私は過去20年間この活動を行なってきて、あらゆる種類の紛争やあらゆる種類の危機に遭遇してきたが、私にとって、これは前例のないことだ。その理由は、第一に、その巨大さ、規模、特定の場所の人口全体を対象にしていること;第二に、その過酷さ。そして第三に、これが起こっているスピード、そしてこれが展開しているスピードだ」

ナチスのホロコーストや、ウクライナでのロシアの恐ろしい軍事行動を含む他の戦争犯罪とは異なり、ガザでの大量虐殺は、私たちの目前で、テレビやコンピューターの画面上で生中継で展開されています。

ガザでの死者、負傷者、破壊の数字はフセイン氏の言葉を裏付けています。犠牲者の70%は女性と子供であり;医師、医療スタッフ、ジャーナリスト、大学教授が標的にされているということです。ガザ全域が死の収容所となり、誰一人として安全な者はいません。私たちは、爆弾の投下で家族全員が抹消され、三世代が一瞬のうちに消滅したことを知らされました;両親と兄弟全員を失い、家族全員を失い、世界で一人ぼっちになった子供たち;病院は閉鎖され、患者たちは指定された安全地帯まで何マイルも歩かされますが、途中で狙撃兵の銃撃を受けるか、到着したときにロケット弾の攻撃を受けるだけでした。

砲撃によって直接引き起こされた死者、負傷、破壊に加えて、イスラエルによる食料、水、燃料、医薬品といった重要な必需品供給のほぼ完全な遮断は、苦しみの急増をガザ住民の心にさらに深く刻みつけています。避難民は極度の飢え、渇き、感染症にさらされています。現在、西側の主要援助国がパレスチナ難民救済機関であるUNRWAへの資金提供を停止しているため、ガザ住民のライフラインそのものが寸断されています。飢餓に飢えた鷹のように、飢餓はガザ・ストリップの真上に浮かんでおり、襲いかかる準備万端です。

ガザ危機の道徳的重大性を強調する第二の要素は、その可視性、実感できる即時性です。ナチスのホロコーストや、ウクライナでのロシアの非常に恐ろしい軍事行動を含む他の戦争犯罪とは異なり、ガザでの大量虐殺は、私たちの目の前で、テレビやコンピューターの画面上で生中継で展開されます。映像はスクリーンから飛び出し、私たちに行動を求めます:手足を切断され、体が引き裂かれ壊れた子供たち;作動していない保育器に残された赤ちゃん;トランプのように倒壊したマンションや大学;修復不可能なほど破壊された歴史的な教会やモスク;出没したキャンプに詰め込まれ、水と食料を求めて叫ぶ難民;集団墓地に投げ込まれた死体;捕虜たちは目隠しをされ、裸にされ、荒れ果てた街路を牛のように行進させられました。

そのような映像を目前にして、友人とのおしゃべり、外食、家族との集まり、コンサートに行くなど、私たちの日常的な活動がすべて味気なく、空虚で、無意味に見えます。これらの恐ろしい犯罪を目撃すると、私たちは重い道徳的責任が自分たちの肩にのしかかっているのを感じます。これらの残虐行為は自分には関係ないと主張しても、その重荷を振り払うことはできません。その重荷は痛みを伴いますが、私たちの共感する能力を思い出させてくれるという点で力も湧きます。

ガザ危機の道徳的重大性を高める第三の要因は、ガザにこのすべての苦痛、苦悩、死を与えているのが、ユダヤ民族の自称祖国であるイスラエル国家であるという事実に帰します。そうです、私たちはイスラエルに対して他のほとんどの国よりも高い道徳的基準を課していますが、それは反ユダヤ的な偏見からではありません。私たちがそうするのは、ユダヤ人がホロコーストの恐怖を経験した民族グループであり、したがって民族的迫害から自由になるという人々の不可侵の権利を最も警戒して擁護するべきだからです。

良心を持ったユダヤ人が理解する「二度と繰り返さない」という誓いは、誰にとっても二度と繰り返さないことを意味します。しかし、イスラエルは現在、共感を示す代わりに、ホロコーストという過去のトラウマ、そしてそのトラウマを与えた国々の罪悪感を、批判を沈黙させ、不処罰を維持するための盾として利用しています。それはあたかも彼らが世界に向かって、「あなたたちは私たちの過去の苦しみに対する罪悪感を背負っているから、私たちに干渉してはいけない」と言っているかのようです。

私たちアメリカ人はイスラエルの責任を最優先に守る国の国民であるため、このことは私たちの国の政策に反対するという道徳的負担を課します。

ガザの危機が道徳的重みを帯びる第四の点は、特にここ米国にいる私たちに関係します。我が国はイスラエルの犯罪に加担しています。私たちは自分たちの税金でイスラエル軍に資金を提供し、入手可能な最先端の兵器を供給しています。私たちは拒否権を行使することで、国連においてイスラエルに外交上の庇護を与えています。そして私たちは、記者会見や国際会議でイスラエルのプロパガンダマシンのメッセージを繰り返すことでイスラエルに道徳的な隠れ蓑を与え、その一方でイスラエルの行動を批判する人々に汚名を着せます。

ガザの状況の道徳的側面をすべて総合して見ると、膨大な量の無差別殺戮が見られます;惨状がメディアを通じて私たちの目にはっきりと見えるという事実;この軍事行動は、迫害と大量虐殺の歴史的犠牲者であるユダヤ人を代表する国家によって実行されているという事実;そして米国の共謀――これらは、これが極めて道徳的な危機である第五の理由を指し示しています。総合すると、これらすべての要素は、世界を理解するための鍵として私たちに提供されている道徳的枠組みを打ち砕きます。

何十年もの間、西側主要国は自らをルールに基づく国際秩序の防波堤、人権とまともな人間の道徳の擁護者であると主張してきました。しかし今、世界法廷がイスラエルの作戦を「もっともらしい虐殺」と指定しているにもかかわらず、彼らは最も浅い口実の下でイスラエルを支持しています。国際法を無視する国家に対するこの揺るぎない忠誠心は、私たちが世界秩序を見るように教えられてきた道徳のレンズを覆します。今、その仮面が剥がれ、洗練された外観の裏に隠れていた西側主要国の偽善が暴露されています。

ガザの危機は、国際法と人道的価値観を守るべき国々がその義務に公然と背いていることを示しています。彼らの道徳的破綻は火を見るより明らかです。彼らはイスラエルに対し、国際法に従って軍事行動を遂行するよう勧告しますが、国際法に違反した場合でも武器供与を続けます。彼らは平和を支持していると言いますが、国連安全保障理事会では人道的停戦を求める決議には拒否権を発動したり棄権したりしています。彼らは大量虐殺には反対していると主張しますが、南アフリカの世界法廷での訴訟については異議を唱えています。彼らは、イスラエルは捕虜を人道的に扱うべきだと主張しながらも、イスラエルが捕虜を拷問し、屈辱を与え、さらには処刑しても見て見ぬふりをします。

私たちアメリカ人はイスラエルを説明責任から最優先に守る国の国民であるため、このことは自国の政策に反対するという道徳的負担を私たちに課します。この責任を踏まえると、どうして沈黙を続けることができるのでしょうか?何も言わずに傍観している言い訳はまったくないのです。最後まで沈黙しているわけにはいきません。沈黙を言葉に置き換えることはできません。米国政府は私たちを代表しているため、私たちは米国人として、イスラエルの軍事行動に対する政府の支援に思い切って声を上げ、反対しなければなりません。

明白な事実は、解決の鍵は米国の手にあるということです。米国がイスラエルに厳しい経済的・政治的圧力を加えた場合にのみ、紛争は正当に解決できます。そして極めて重要なことは、公正な決議はイスラエルの長期的な利益にもなり、最終的には両国の相互利益のためにパレスチナ国家の自由と平和を可能にすることになります。

すべての声が重要であり、私たちはデモに参加したり、ホワイトハウスや議会の代表者に手紙を書いたり、関連するニュース記事や解説をソーシャルメディアプラットフォームに投稿したり、記事を書いたり、友人と話したりするなど、さまざまな方法で自分の役割を果たすことができます。愛と平和についての決まり文句をソーシャルメディアに投稿したり、プロフィールにハトやハートをピン留めしたりするだけでは十分ではありません。道徳的存在としての義務を果たすために、私たちは包囲されて自分自身のことを話すことができないパレスチナの人々への連帯を積極的に表明する必要があります。そしてそれは、まず第一に、完全な停戦を求めることを意味します。単に「平和」のためではなく、真の、完全な、監視された停戦のためです。

しかし、停戦は最初の一歩にすぎません。私たちは、現在の一連の破壊を阻止するだけでなく、パレスチナの人々の完全な主権国家を求める願望を最終的に実現するための真の、誠実な、協調的な試みも要求すべきであり、これはイスラエルの安全保障の貴重な鍵でもあります。この長年にわたる問題の解決への道は険しく困難なものとなるでしょうが、私たちは最初の一歩を今すぐに踏み出すよう求める他の多くの人々と声を合わせ、手を結ぶ必要があります。


Original source: Common Dreams

Image credit: Some rights reserved by Mike Warren, flickr creative commons