• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

G7の軍事費の3%未満で、世界の飢餓を終わらせ、グローバルサウスの債務危機を解決することができる

Guest content
2024年6月13日

Oxfam accuses G7 leaders of neglecting famine

イタリアのボルゴ・エグナツィアで開催されるG7サミットを前に、オックスファムの新しい分析によると、主要7カ国(G7)は、年間軍事費総額のわずか2.9%(357億ドル)に相当する資金で、世界の飢餓を終わらせ、グローバルサウスの債務危機を解決することができるということです。

世界のあらゆる形態の飢餓を根絶するには、ドナー国からさらに317億ドルが必要ですが、オックスファムは、世界の最貧国に対する債務救済活動におけるG7の公平な負担は40億ドルに相当し、合計357億ドルになると見積もっています。

「各国政府は、今日の戦争資金の調達となると懐が潤沢だが、飢餓を食い止めることになると突然資金が不足する」と、オックスファム・インターナショナルの不平等政策責任者マックス・ローソン氏は述べました。

「私たちが話しているのは、大きな影響を与える可能性のある小さな取り組みだ。誰も空腹で眠りにつくことがなく、グローバルサウスの国々が債務利息の支払いではなく公立学校や病院に資金を投入できる世界を想像してほしい。G7には、これを実現するための手段だけでなく、道徳的、戦略的責務もある」とローソン氏は述べました。

ソマリア、グアテマラ、イエメン、ケニアなど多くの場所で飢餓が急速に増加し、壊滅的な結果を招いています。現在、2億8100万人以上の人々が深刻な飢餓と栄養失調に苦しんでいます。パレスチナの飛び地であるガザは、イスラエルによる継続的な攻撃と包囲によって引き起こされた、世界で最も深刻な飢餓危機の1つに直面しています。人々はすでに極度の苦しみに陥り、飢餓や治療可能な病気で死にかけています。停戦が成立し、人道支援の完全なアクセスと安全な配給が認められない限り、これらの死はより速いペースで増加するでしょう。


オックスファムは、G7に対し、ラファでの軍事作戦を停止し、ガザへの人道支援のアクセスを認めるという国際司法裁判所(ICJ)の最近の判決をイスラエルが履行するよう改めて要求するよう求めています。G7はまた、イスラエルとの経済政策と協定が、ガザでの潜在的な大量虐殺を財政的に可能にしないことを確実にしなければなりません。ジェノサイド条約と国際人道法の下では、各国はジェノサイドを防ぐために、その権限の範囲内であらゆる政治的、経済的、軍事的対抗措置を講じる義務があります。これには、戦争犯罪に使用される恐れがある、または潜在的なジェノサイドを助長する恐れのある武器や弾薬の輸出を直ちに停止することが含まれます。これは共謀を超えており;各国はジェノサイドを防ぐために行動する義務があります。

「G7の集団的失敗は、基本的にイスラエル軍にパレスチナ人に対する残虐行為を自由に犯す許可を与えてしまった。G7首脳は、死と破壊を止めるために即時かつ恒久的な停戦を確実にするために全力を尽くさなければならない。また、すべての地上の通過地点を通じて人道支援が完全にかつ恒久的にアクセスできるようにし、すべての人質と不法に拘束されているパレスチナ人囚人を解放する必要がある」とローソン氏は述べました。

「G7は、レバノンとイエメンでのさらなる緊張の高まりを阻止するために、あらゆる外交努力を尽くさなければならない。地域の不安定さが全面戦争にまでエスカレートすれば、誰もその被害を免れることはできない」とローソン氏は述べました。

オックスファムの分析によると、G7諸国は低・中所得国に対して15兆ドルの未払いの援助と気候変動対策資金を抱えているにもかかわらず、グローバルサウス諸国に1日2億9100万ドルの債務返済と利子の支払いを要求しています。

5月、フランシスコ法王は、返済できない国の債務を帳消しにすることは「正義の問題」であると述べ、カトリック教会の2025年の聖年に向けたビジョンを概説しました。低・中所得国は現在、予算のほぼ3分の1を債務返済に費やしており、これは公教育、医療、社会保障を合わせた額に匹敵します。

G7サミットは、G20議長国ブラジルが世界的に超富裕層に課税するという歴史的な提案を行った直後に開催されます。格差が拡大する中、世界の指導者らに対して富裕層や企業への増税を求める圧力が高まっています。G7財務相は先月、「ブラジルのG20議長国と建設的に協力する」ことと、「個人に対する累進的で公平な課税に向けた取り組みを強化する」ことを約束しました。

オックスファムは、G7諸国の百万長者や大富豪への増税と公平化により、年間1兆ドル以上の増税が可能になると推定しています。G7諸国には1,211人の大富豪(世界の大富豪の約45%)が居住しており、その総資産は8兆ドルに上ります。彼らの資産は過去10年間で実質74%増加しています。

「家族は食卓に食べ物を並べるのに苦労しており、既存の税制は富裕層をさらに裕福にしている。解決策は明白だ。G7は、ブラジルのG20議長国が主導する、大富豪や超富裕層の税金を増やす世界的な取り組みにコミットする必要がある」とローソン氏は述べました。


メモ

オックスファムの方法論ノートをダウンロードする。

世界の飢餓を終わらせるために必要な資金総額は推定値とみなすべきであり、飢餓を根絶するには質の高い資金とより深い構造政策および社会変革の両方が必要である。

SIPRIによると、2023年のG7の年間軍事費の合計は1.2兆ドルだった。カナダは272億ドル、米国は9160億ドル、日本は502億ドル、フランスは613億ドル、ドイツは668億ドル、イタリアは355億ドル、英国は749億ドルを費やした。

昨年、世界中の10人に1人が十分な食料を得られず、2億8160万人が極度の食料不安に陥っていた。

安全保障理事会確認決議2417 – 武力紛争における民間人の保護。

5月、フランシスコ法王は「決して返済できない」国の債務を帳消しにすることは「正義の問題」であると述べた。

G7財務大臣らは先月、声明文で「国際税務協力の推進に向け、G20議長国ブラジルと引き続き建設的に協力し、個人に対する累進的かつ公正な課税に向けた取り組みを強化する」と誓約した。

世界には2,735人の億万長者がおり、そのうち1,211人がG7諸国に住んでいる(44.3%)。

Original source: Oxfam International