• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

G7諸国は人道支援よりも軍事費に62倍を費やしている

Guest content
2024年6月17日

武力紛争による強制避難が過去最高レベルに達しているにもかかわらず、G7加盟国は軍事費を過去最高に増やし、一方でこれらの大国がしばしば開始または煽動する戦争の被害者に対する人道支援への支出を削減していることが新たな分析で明らかになりました。Common Dreamsのブレット・ウィルキンス氏による報告です。

イギリスのバーミンガムに拠点を置くIslamic Relief Worldwide(世界的なイスラム救援団体)によると、G7加盟国であるカナダ、フランス、イタリア、ドイツ、日本、英国、米国の軍事費は昨年1兆2千億ドルに上り、その大半は米国の8863億ドルの国防予算によるものです。

あまりにも多くの政府が、紛争の致命的な影響に苦しむ人々を援助するよりも、戦争兵器の取得にはるかに多くの資源を投入しています。

これは2022年レベルより7.3%増加しており、これらの国々が戦争や災害への対応として人道支援に費やしたすべての金額の62倍にあたります。

ガザからスーダン、ウクライナからミャンマーにいたるまで、私たちは戦争によって何百万人もの命が奪われているのを目にしている」とIslamic Reliefの国際支援責任者シャヒン・アシュラフ氏は声明で述べました。「今日、人道支援の必要性はかつてないほど高まっている。したがって、多くの裕福なG7諸国が援助を削減する一方で、武器にかつてないほどの支出をしているのは恥ずべきことだ」

これはG7だけの問題ではありません。今年のストックホルム国際平和研究所の年次分析によると、世界の軍事費は2023年に6.8%増加し、過去最高の2.4兆ドルに達すると予想されています。

「あまりにも多くの政府が、紛争の致命的な影響に苦しむ人々を助けることよりも、戦争兵器の取得にはるかに多くの資源を投入している」とアシュラフ氏は主張しました。「戦争や破壊を煽るのではなく、貧困を撲滅し、平和と発展を促進することにもっと投資しなければならない」

Islamic Relief Worldwideは次のように述べました:

G7サミットでの議論の一部は、裕福な先進国への移民制限に焦点を当てているが、紛争で避難した人々の大半は、戦争で荒廃した国や貧しい近隣諸国にとどまっている。1年以上の残忍な戦争の後、スーダンは今や世界最大の避難危機となっており、1,000万人以上(人口の約4分の1)が家を追われている。スーダンでの暴力から逃れた人々の大半は国内にとどまっており、その多くは地元のコミュニティ、青年グループ、モスクから援助を受けている。

「富裕国が国境を閉鎖し、援助を削減する傾向が強まる中、スーダンのような場所では、世界で最も貧しいコミュニティの一部が避難民を家に迎え入れ、食料や水を分け与えている寛大さが見られるのは心強い」とアシュラフ氏は述べました。「しかし、彼らには国際的な支援、特に最も裕福な国からの支援がさらに必要だ」

オックスファム・インターナショナルがG7サミットに先立って発表した別の分析によると、7カ国の2023年の軍事費のわずか3%で「世界の飢餓を終わらせ、グローバルサウスの債務危機を解決するのに十分」だということです。


Original source: Common Dreams

Image credit: Some rights reserved by U.S. Pacific Fleet, flickr creative commons