• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

気候危機に最も脆弱な国々の債務返済額が急増

Guest content
2024年6月5日

活動家らは、気候危機に最も脆弱な50カ国の債務返済額が新型コロナウイルスのパンデミック発生以来2倍に増加し、現在は過去30年以上で最高水準に達していると警告しました。

英慈善団体デット・ジャスティスによると、地球温暖化の影響を受けるリスクが最も高い国々は、政府収入の15.5%を外国の債権者に支払っています。これは、新型コロナウイルス感染拡大前の8%未満、直近の最低水準である2010年の4%から増加しています。

世界銀行と国際通貨基金のデータを使用した同慈善団体は、新しい報告書で、貧困国が気候危機への取り組みに投資できるよう、包括的な債務救済が緊急に必要であることが示されていると述べました。

「記録的な債務水準は、最も脆弱な国々が気候危機に取り組む能力を圧迫している」と、デット・ジャスティスの事務局長ハイディ・チョウ氏は述べました。

「債務を持続可能なレベルまで帳消しにするための迅速かつ効果的な債務救済制度が必要だ。英国は、民間債権者が国際債務救済協定に参加するよう法律を制定することで、その役割を果たすことができる」

報告書で取り上げられている50カ国では、対外利子支払いの38%が民間債権者、35%が多国間機関、14%が中国、13%がその他の政府に向けられています。

1990年代後半から2000年代半ばにかけて2回行われた包括的債務救済により、貧困国の債務負担は急激に減少しましたが、返済額は2010年代に着実に増加し、2020年以降は急増しました。

デット・ジャスティスは、新たな債務危機の原因をいくつか挙げています。1つは、パンデミック発生時に債権者が合意した債務猶予制度が終了し、猶予されていた債務が返済期限を迎えたことです。

債務国はまた、2010年代の最低水準からの世界的な金利上昇の影響も受けています。また、米ドルの高値により、対外債務返済額(主にドル建て)の相対的な規模が拡大しています。

気候変動対策資金や持続不可能な債務水準など、各国の気候変動対策資金の調達能力に焦点を当てた10日間の会議が月曜日にボンで始まり、デット・ジャスティスは干ばつに見舞われたザンビアの例が行動の必要性を強調したと述べました。

3年半の交渉を経て、ザンビア政府は最近、民間債権者の一部(すべてではない)と債務再編協定を締結しました。

ザンビアの債務協定では、経済が予想以上に好調な場合、債務返済額を大幅に増やすことを認めていますが、干ばつなどのショックが発生した場合に返済額を減らす同等の条項はありません。債務協定の条件では、ザンビアは今年、債券保有者に4億5000万ドル(3億5300万ポンド)を支払わなければなりません。

デット・ジャスティスの政策責任者ティム・ジョーンズ氏は、「ザンビアの債権者が、うまくいけば債務返済額が大幅に増加するが、ザンビアが干ばつなどの災害に見舞われても彼らには損失なしという協定を要求しているのは言語道断だ。今年債券保有者に支払われる4億5000万ドルは、国家災害への対応に使うことができたはずのお金だ」と述べました。

「債務免除だけでなく、富裕国は、助成金ベースの適切な気候資金を提供することで、気候債務を早急に返済する必要がある」と述べました。


Original source: The Guardian

Image credit: Debt Justice

Filed under: 
環境, 財政と債務