• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

コーポレート・パワー

Article / 2012年6月11日

今日、政治経済を除いたおよそすべての状況で、分かち合いのアイデアが話し合われているようです。これは当然なことかもしれませんが、貧困を根絶し環境を癒すことに対して私たちが本当に真剣なら、世界的な分かち合いについて誰もが話し始めている時ではないでしょうか。

Report / 2010年12月26日

21世紀に適応した持続可能な国際経済は、人類の相互依存関係を支える新しい倫理的枠組みに基づかなければなりません。『世界資源を分かち合う(STWR)』の新しい報告によると、経済的分かち合いの過程は、世界の必須資源や必需品、必需サービスを万人が利用できるよう保障することができます。

Article / 2010年7月22日

It may seem that the goal of universal primary health care - in which state capacities are strengthened to ensure the rapid expansion of free publicly-provided health services - is further away than ever before. But there are many signs that the ideal of 'health for all' is making a second resurgence, writes Adam Parsons.

Article / 2009年8月26日

貧困と社会的状況は、発展途上国における病気の主な原因であることが広く認められています。この報告書は、国際経済の分かち合いを拡大することが、すべての人の医療という長年の目標を達成するための最初のステップであることを説明しています。

Article / 2009年8月26日

Poverty and social conditions are widely acknowledged to be the major causes of ill health in developing countries. This report explains how greater international economic sharing is the first step towards achieving the longstanding goal of health care for all.

Article / 2008年5月19日

Multinational Corporations are the main actors driving economic globalisation which thrives when market forces are de-regulated, allowing essential goods and services to be allocated by commercial activity, not human need. The result is a world economy that favours affluent countries and their corporate interests whilst neglecting those living in extreme poverty who the market fails to reach.

Article / 2008年5月19日

A collection of facts, organisations, reports and further resources about healthcare from a global perspective.

Article / 2008年5月16日

Since the imposition of free market policies in the 1980s, globalization has come to represent an ideological battle between those who favor economic growth and deregulation through the growing power of multinational corporations, versus those who prefer a more sustainable and democratic approach to international development, socio-economic justice, and the securing of basic human rights and needs.

Article / 2006年11月25日

Every living thing, every plant, every animal and every human being needs water to stay alive. For centuries, possibly millennia, all over the world, water was shared, for everyone’s right to this essential resource was recognised. For thousands of years legal systems have accepted that running water cannot be owned.

Article / 2006年11月25日

すべての生物、すべての植物、すべての動物、そしてすべての人間は、生存のために水を必要とします。この大切な資源に対するすべての人の権利が認められていた故、何世紀にもわたって、おそらく数千年にわたって、世界中で水が共有されていました。何千年もの間、流水は所有できないことを法律制度が受け入れてきました。