• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Environment

世界中のメディア組織は、各国が協力し、道義的責任を受け入れ、気候変動への取り組みの負担を公正に分担する必要があるという共通の見解を報じています。 気候変動は、すべての国が協力しなければならない地球規模の問題です。そのため、今日、20か国以上の30を超える新聞や報道機関が、なされるべきことについて共通の見解を示しています。もう時間がありません。多くの富裕国は、化石燃料から脱却してクリーンエネルギーに移行する代わりに、石油とガスに再投資し、十分な速度で排出量を削減できず、貧困国に送るために準備された援助をめぐって揉めています。地球が帰還不能点、つまり気候の混乱が取り返しのつかない地点に急速に向かっているにもかかわらずです。...
コンテンツ 2021年の活動とインパクト 印刷出版物とウエブサイト キャンペーン活動とイベント 将来のプランとプロジェクト 2021年の活動とインパクト 2021年が幕開けると同時に、地球資源を分かちあう必要性は前例のないものでした。深刻な食料不安はにまで急上昇し、世界の飢餓の取り組みは逆行しました。新型コロナウイルスのパンデミックの間、世界のほぼ3分の1が十分な食べ物を食すことができず、世界中で4,000万人以上が飢餓の危機に瀕していました。同時に、統計開始以来、私たちは不平等の最大の拡大を目の当たりにしましたが、すでに裕福な大企業がパンデミック中の公的救済基金の主な受益者でした。国家間の貧富の差も拡大し、...
3,700万人以上の人々が深刻な飢餓に直面しており、この地域では5歳未満の約700万人の子供たちが深刻な栄養不良に陥っています。   食料と安全な水を見つけることが絶対的な優先事項ですが、WHOは、予防可能な病気や死亡を回避するために、強力な医療緊急対応を確保することが必要であると述べました。 国連機関は、高まる健康ニーズに対応し、食料危機が健康危機に発展するのを防ぐために、1億2,370万ドルを要求しています。 「状況はすでに壊滅的であり、私たちは今すぐ行動する必要がある」と、WHOの緊急対応担当事務局長補佐のイブラヒマ・ソセ・フォール氏は述べています。「この資金不足の危機を断続させることはできない」 ...
今日から、人類はツケ払いで生きています。地球が 1 年間に持続可能に生産できるすべての資源を人類が消費し切った日であるオーバーシュート·デーが毎年前年より早く到来しています。 1970年は12月29日、1990年は10月11日、今年は7月28日でした。これは、私たちが地球に対して「生態学的負債」を深めている証拠です。 過去50年間のほとんどにおいて、オーバーシュート·デーは一年の早い時期に到来していましたが、いくつかの例外がありました。2020年は、Covid-19 パンデミックに対処するために課されたロックダウンが繰り返されたため、オーバーシュート·デーは 8月22日に来ました。  この日付は主に象徴的なものであり、...
オックスファムの報告によると、必要な資金の約半分が先進国から提供されているに過ぎません。 国連の気候災害アピールに必要な資金は、世界的な温暖化が定着するにつれて、20年間で800%以上急増しました。しかし、オックスファムの新しい報告書によると、先進国が対応しているのはその約半分にすぎません。 昨年は、干ばつ、洪水、山火事などの異常気象の記録で3番目に費用がかかり、総経済的費用は3,290億ドルと推定され、ドナー国からの援助総額のほぼ2倍になりました。 貧しい国々は過去5年間で630~750億ドルの緊急人道援助を呼びかけましたが、受け取ったのは350~420億ドルに過ぎず、オックスファムが「断片的で痛々しいほど不十分」...
世界が地球上のすべての人間を養うのに十分な食料を生産していることに気付かなかった人はいるのでしょうか。一方、欧州連合の人口のほぼ2倍の人々が、毎晩空腹で床についています。 そして、最も裕福な国に住むすべての人間の20%が、購入した食料の約35%を無駄にし、ゴミとして捨てていることを知らなかったふりをしないでください。 貧困国での食料廃棄(はるかに少ない量ですが)はまた、貧困、武力紛争、汚職のせいですが、十分な貯蔵インフラも不足しています。 つまり、国連環境計画(UNEP)の食品廃棄物報告2021によると、毎年5億7000万トンの食品が家庭レベルで浪費されています。 この食品廃棄量は、...
母なる自然に対する断続する壊滅的な人間の戦争に対して警告する多くの情報があります。そして、そのメッセージは明確であると、IPS Newsのバへール・カマル氏は書いています。 見通しのない状況は、議論の余地のない科学的結論から導き出されたものであり、政治家であるかどうかにかかわらず、すべての人、特に意思決定者によってすでに知られているはずです。 海はプラスチックで満たされ、そしてより酸性になっています。猛暑、山火事、洪水、そして記録的な大西洋海域のハリケーンシーズンは、何百万人もの人々に被害を与えています。今日でも、私たちは生態系の健康に関連するCOVID-19パンデミックに直面しています。 森林破壊、土地利用の変化、...
十分性に焦点を当て、すべての人に惑星資源の公平なシェアを保証するなら、人類の普遍的なニーズを満たし、世界を住むのに適した環境に保つことが可能である、とスタン・コックスはYES! magazineに書いています。 現在の気候緊急事態と近い将来に迫るより広範な生態学的崩壊を考えると、それが終止符(「行き渡るだけ十分な量があると思います」)、疑問符(「良い生活をするにはどれくらいが十分ですか?」)、または感嘆符(「やめてください!」「十分です!」「バスタ!」)で使われているかどうかにかかわらず、「十分」という一言で表現されたものほど差し迫った問題はほとんどありません。 地球は、過去30年間、人類に毎年大声で「もう十分でしょう...
世界的調査によると、世界で最も裕福な国の4分の3の人々は、人類が地球を危険な転換点に向かって押し進めていると信じており、経済的利益の優先順位からの転換を支持しています。 Global Commons Alliance(GCA)のイプソス・モリの調査でも、過半数(58%)が地球の状態について非常に懸念しているか非常に懸念していることがわかりました。 回答者の5人に4人は、グローバル・コモンズを再生するためにステップアップしてさらに多くのことを行う用意があると述べました。 報告書の筆頭著者であるGCAのオーウェン・ガフニー氏は、...
人類は、地球が2021年に持続可能な方法で供給できるすべての天然資源を、今日までにすでに消費しました。つまり、5ヶ月でオーバーシュートしました。 「アース・オーバーシュート・デー」は、コロナパンデミックで2020年には一時的に遅らされましたが、今年は7月29日に始まります。 このオーバーシュートの時点から年末まで、世界経済は「生態学的赤字」で運営される、とキャンペーン参加者は言っています。人類は現在、地球の生態系が毎年再生できるよりも、74%多くの資源、つまり地球1.7個分を使用しています。 2020年のオーバー・シュート・デーは、コロナウイルスパンデミックの中で世界中の国々が封鎖されたために炭素排出量が減少した後、...
小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。  The People’s Counter-Mobilization to Transform Corporate Food Systems(企業の食料システムを変革するための人々の反対動員)は、ボイコットするために請願した科学者の同盟を含む、国連食料システムサミット(UNFSS)を拒否したものの中で最新の動きです。 The People’s Autonomous Response to the UNFSS(UNFSSに対する人々の自主的な対応)は、...
800以上の国際機関、NGO、農業団体、専門家が、今年の国連食料システムサミットで、農業生態学、有機農業、再生農業を最重要課題にすることを望んでいます。 6大陸からの声は、政府と企業に、世界の農業における「破壊的」現状について、決定的な行動を取るよう呼びかけています。 「この国連サミットに向けて、特定の団体は持続可能性の意味をいいかげんに扱ってきました」と、IPES-Foodのエミール・フリゾン、そしてこの呼びかけの共同創設者は警告しました。「化学物質の投入に大きく依存している従来の農業は、何百万人もの人々を失望させました。それは土壌を劣化させ、生物多様性を損ない、気候変動を引き起こし、そして生計を破壊し続けます。...
米国、日本、韓国の主要な宇宙飛行士らが、今週末、英国のコーンウォールで会合を開くG7のリーダーたちを対象とした新しいショートフィルムで力を合わせます。   「世界への呼びかけ: G7」と題された彼らの新しい映画は、世界が COVID-19と気候変動の二重の脅威に取り組み世代を決定づける瞬間に直面している中で、宇宙飛行士らの国際協力のメッセージを伝えています。 NASAのベテランであるニコール・ストット、ロン・ガラン、ラスティ・シュウェイカートに加えて、山崎直子 (日本/JAXA) と李素妍 (韓国) の全員が、宇宙から地球を見るというユニークな立場を体験し、希望のメッセージを伝えました。ここで、唯一の重要な境界線は、...
ノーベル賞受賞者やその他の専門家は、「私たちの惑星、私たちの未来」サミットの後に緊急の行動を呼びかけます。この声明は、運営委員会が公表し、ノーベル賞受賞者と専門家が共同署名した2021年のノーベル賞サミットでの議論に触発されました。 序言 ノーベル賞は、「人類にとって最大の利益」の進歩を称えるために創設されました。それは、安全で繁栄し、平和な世界を構築することを促進したことにおける成功を祝います。その基盤は科学的な理由です。 「科学は、生活の負担を軽減し、その苦しみを軽減するすべての進歩の根底にあります」マリー・キュリー(ノーベル賞受賞者1903年と1911年) 科学は、より良い生活に向けた真実、知識、...
緊急的な支援の拡大がなければ今後数か月で、急性の飢餓が20ヵ国以上で急増すると国連食料農業機関(FAO)とWFP世界国連食料計画(国連WFP)が本日発表の報告書で警告しました。   イエメン、南スーダン、ナイジェリア北部は最も壊滅的なレベルの急性の飢餓に直面しており、南スーダンとイエメンの一部ではすでに餓死やその危険がある状態にあると報告書(Hunger Hotspots report)は述べています。 飢餓の危機にある国のほとんどはアフリカにあるものの、急性の飢餓は、アフガニスタン、シリア、レバノン、ハイチなどアジア、中東、中南米・カリブ海諸国といった世界中の地域で急増すると予測されています。...