• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

戦争と紛争

Article / 2012年11月22日

イスラエルが他の西側諸国から政治的免除、財政援助、外交的支援を与えられている限り、中東和平について語り得ません。国際社会がパレスチナ人民の正義を確保する責任を負う時が来ました。

Report / 2012年10月1日

A report by Share The World’s Resources demonstrates how governments could mobilise over $2.8 trillion each year to bolster the global sharing economy and prevent life-threatening deprivation, reverse austerity measures and mitigate the human impacts of climate change.

Report / 2012年10月1日

This section of the report Financing the Global Sharing Economy demonstrates how governments could redirect the colossal financial resources currently spent on military budgets as a first step toward reducing armed conflict and war, while also providing urgent national and global public goods for social development.

Article / 2009年1月9日

中東和平への真の道は、ヨルダン川西岸とガザ地区に完全に独立したパレスチナ国家を樹立することを必要とし、パレスチナ領土における経済的正義を確保する責任をイスラエルが認識するかどうかにかかっています。

Article / 2009年1月9日

The real path to peace in the Middle East, requiring the establishment of a fully sovereign Palestinian state on the West Bank and Gaza, is dependent on Israel's recognition of its responsibility to ensure economic justice in the Palestinian territories.

Article / 2008年5月19日

In 2009, countries have reached perilous new levels of conflict, tension and military spending characterised by nuclear proliferation, ideological warfare and pre-emptive invasions of sovereign nations. As news reports highlight an intensifying competition over natural resources, the international community is faced with a stark choice - to share resources and cooperate, or to continue on the path to further warfare.

Article / 2005年2月1日

スマトラ島沖地震が原因で起こった津波以降、世界の世論は変化しました。人々は被災地の人々の窮状に心を打たれ、アフリカなど世界の他の地域の貧困や不正について話し始めています。ブラント委員会報告書の推奨事項を再検討するときがきました。モハメッド·ソフィアン·メスバヒは書いています。