• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Environment

Article / 8th February 2024

包括的な気候変動資金の打開策を勝ち取らない限り、化石燃料の「公正で秩序ある公平な」段階的廃止への希望はすべて放棄されることになる、とトム・アタナシウ氏は書いています。

Article / 8th February 2024

Unless we win a comprehensive climate finance breakthrough, all hope for ‘a fair, orderly, and equitable’ phase-out of fossil fuels will be abandoned, writes Tom Athanasiou.

Report / 19th January 2024

2年連続で、最も過小報告されている10の危機すべてがアフリカにあると、世界の忘れ去られた人道危機に関する CARE International の最新報告書で報告されています。

Report / 19th January 2024

For the second year in a row, all ten of the most under-reported crises are in Africa, reports CARE International in their latest report on the world's forgotten humanitarian crises. 

Article / 21st December 2023

The United State’s contribution to the Loss and Damage Fund equals nine minutes of Pentagon spending, says Jeffrey D. Sachs at the ReWired Summit at COP28. 

Article / 21st December 2023

損失と損害の基金への米国の拠出額は国防総省の支出の9分に相当すると、著名な経済学者で持続可能な開発の世界的リーダーであるジェフリー・D・サックス氏は言います。

News / 14th December 2023

先進国の指導者らが化石燃料からの「脱却」を目指すCOP28合意を歴史的だと称賛する中、先住民族、最前線のコミュニティ、気候正義団体がこの合意を不公正かつ不公平であり、業務平常通りだとして非難しました。

Report / 12th December 2023

気候変動の差し迫った課題に取り組む共同努力として、社会運動、環境・開発NGO、労働組合、宗教団体を代表する市民社会団体の世界連合は、各国が気候危機に取り組むために公平な分担を果たしているかどうかについての新たなレビューを発表しました。

Blog / 11th December 2023

国際金融システムは化石燃料を永らえさせ、脆弱な国々に借金を負わせて、公正なエネルギー転換を遅らせている、とオイル・チェンジ・インターナショナルのブロンウェン・タッカー氏とシェリーン・タラート氏は書いています。

Report / 11th December 2023

In a collective effort to address the pressing challenges of climate change, a global coalition of civil society organizations have published a new review of whether countries are doing their fair share to tackle the climate crisis.